Mami 夢 Memo

現役大学生のメモ的読書レビュー(その他オムニバス)

【給料日前にプチ贅沢】お金に厳しい私と家族の話

こんにちは、mami(@mm_exchan)です。

 

最近はとても出費が多い!

なんせ旅行に行き、

 

pmamisan.hatenablog.com

 美術館に行き、

 

pmamisan.hatenablog.com

 学生証があったので入館料はただなのですが、交通費はかかってしまうので。

カメラや本も欲しいし…

とにかくほっておくと大量にお金が出て行ってしまいます。

 

現在は実家暮らしなので、幸い生活費に困ることはありません。

食費や交際費、交通費など管理するものは少ないです。

だからこそ、今のうちにきちんとお金を管理する癖をつけたい。

 

我が家は、特にお金の管理に厳しいです。

小さいころから、母にお金に関する教育をきっちり受けてきたので、

「ローンは借金」という概念が頭から離れません。

 

今回は、私が受けてきたお金教育を交えながら、「どうすればお金が出ていきにくいか?」を書いていきます。

 

【目次】

 財布の整理

出かける際、きちんと財布の額をチェックしておくことが大切だと思います。

特に小銭。細かい方で事足りるのに、お札を崩したらもったいないです。

 

小銭は種類ごとに並べ替えて、キレイに入れておく。

カードはその日使いそうなものだけセレクト。

お札は上向きにそろえる。(気の流れがよくなって、浪費を抑えたり金運がアップするんだそうです。)

 

この3点は必ず実践しています。

あと、絶対に使わない、「ないつもり1000円」を入れておくと、何かあっても絶対家に帰れるお守りになり、一文無しを防げるそうです。

 

買い物時の注意

マメに所持金をチェックすることで、「今いくら持ってるか知らんけど、買っちゃえ!」が防げます。

 

あと結構基本的なことですが、「本当に欲しいものか考えて買う」のも大切だと思います。私は小さいころから「一晩考えて、欲しいと思ったら買いなさい」と言われてきました。

 

そして、もう一つ買い物の極意。

「たくさんあるときほどヒモを締め、少なくなってきたらプチ贅沢をすること」。

たくさんあるときはつい使い過ぎになるけど、そこをぐっとこらえて。

給料日前はケチりそうになるけど、ちょっとおいしいものを食べて心を豊かにする。

 

お金と精神状態は深くかかわりあっていて、幸せをお金で買うことは悪いことじゃない、とウチの母は語ります。

 

家計簿できちんと見直し

家計簿、またはお小遣い帳。

必ず2~3日に一度はつけてます。

 

私は自販機とかで使った分が不明金になるのがすごく気持ち悪くて、頻繁に電卓でチェックしています。

何にいくら使ったかもよくわかりますし、どこを切り詰めればいいかも意識できるので、管理は厳密であればあるほどいいです。

 

財布の整理の話をしましたが、いくらお札や小銭をキレイに入れても、レシートが溜まってるとお金の循環がうまくいきません。

財布がパンパンになっている状態よりも、レシートが少なくて、小銭が一目瞭然のほうが、かえってお金は飛んでいきにくいのがわかります。

 

まとめ

くどいですが、とにかくお金に関しては厳しい管理をしています。

それは、「浪費したら生活に支障が出るから」「節約して一気に贅沢したいから」というあらゆる理由からきています。

 

そんな中、私が親から教わった、お金に関する素敵な言葉があります。

「これからも大切にしたい人にはお金を絡ませないこと。どんな友情もお金で壊れる」

 

大学に入ってから、友達におごるばかりでなく、お金の貸し借りも増えてきたように思います。(もちろん教えに従って私はやっていません)

 

しかし、お金は心と深くかかわっていて、感情によって動くお金もあれば、感情がお金に操られてしまうこともあります。

大切な関係こそ、お金で買えない価値がある。

べたなセリフだけど、これは本当のことだと思う。