Mami 夢 Memo

現役大学生のメモ的読書レビュー(その他オムニバス)

【夏におすすめ】ブランドものとはちょっと違う、雑貨屋さんのボディミスト

【目次】

こんにちは、mami(@mm_exchan)です。

 

今日の学校帰り、ロクシタンに寄って、オードトワレを買いました。

f:id:pmamisan:20170628173119j:plain

ロールオンタイプのローズです。

 

ロクシタンのハンドクリームをクンクンしていると、

ローズは甘すぎて、ついヴァーベナやピオニーに惹かれてしまうのですが…

 

意外にもオードトワレになるとローズにビビッときました。

手首につけて嗅ぐと「ウウーン…(うっとり)」となります。(笑)

 

香水よりも手軽なボディミスト

しかし、香水やオードトワレは高価なものが多く、

つけすぎると周囲に迷惑をかけてしまうものです。

(今回のロールオンも3240円しました。)

 

そこで最近、香水やコロンよりも手軽につけられるボディミストが登場しています。

  • 香りが強くなく、マメな付け直しが必要だがキツくなりにくい
  • 1000円台で買えるものが多く、たくさん集めて違う香りを楽しめる

というメリットがあります。

 

人気が高いボディミストブランド

プラザやロフトでも多く取り扱われていますが、

特に人気が高いモノを二つ紹介します。

フェルナンダ

f:id:pmamisan:20170628174221j:plain

私も一つ持っていますが、フェルナンダはおしゃれなデザインと豊富な種類で

人気のボディミストです。

 

ちなみにおすすめは写真のリリークラウン

ちょっと甘めの香りで、「クロエに似てる」と評判です。

(実際にクロエを嗅いでみましたが、本当に似てます。)

 

ヴァシリーサ

「ヴァシリーサ」の画像検索結果

ローラさん監修の香水ブランドで、

ボディミストに限らず、香水や練り香水も出ています。

 

ボディミストを全種類嗅いでみたところ、

バニラの甘い香りからさわやかなフローラル系までそろっていました。

 

あの雑貨屋さんで自分だけの香りをGET!

口コミで人気の香りって、本当にいい香りです。

だから、ついつける人が多くなる。

 

つまり、人気の香りほどかぶりやすいということです。

 

そこで、手持ちのボディミストの中に、

「あまり知られていない」「どこにでも売ってるわけじゃない」香りを

一つ加えてみてはどうでしょうか?

 

実は、口コミサイトに載ってないものの、すごくいい香りのボディミストが

雑貨屋さんで買えるんです。

 

実際に私が持っているものを二つご紹介します。

 

Afternoon Tea

f:id:pmamisan:20170628175649j:plain

紅茶で有名なアフタヌーンティーですが、

ハンドジェルやアロマ、そしてボディミストなど、香り系の商品も

充実しています。

アフタヌーンティーのボディミストは種類も多いですし、

香りが優しいのが特徴です。

 

特に紅茶の香りは甘いフルーツやフローラルと相性が良くて、

さわやかな香りに変えてくれるので、気分が悪くなったりしません。

ルームフレグランスとして使ってもいいと思います。

 

私が持っているのは、アリスとコラボしたホワイトティーの香り。

(おそらく限定品です。)

 

Franc franc

ルームフレグランスやアロマの印象が強いであろうフランフランですが、

実はボディミストもあります。

f:id:pmamisan:20170628180805j:plain

どうですかこのかわいらしい見た目!!

お正月にセールで山積みになっていたのに、誰も目もくれません。

もったいないです本当に。

 

フランフランのボディミストは見た目の小さく儚い感じと相まって、

香りも弱めです。

すぐに飛んでしまうので物足りないと感じる方もいると思いますが、

その分汎用性は高いです。

 

私もボディ用にはせず、洋服の匂い消し(飲み会の後とか)にしています。

なにより流石インテリアショップ、飾るとかわいいです。

 

自分の好きな香りはどこに転がってるかわからない

今日ロクシタンでいろいろな香りを試して感じたのですが、

香りの好みは千差万別です。

 

すごく似ている香りが二つあっても、

ちょっとの違いで好き嫌いがわかれるから不思議です。

「THE 私が好きな香り」に出会うにはどうしたらいいでしょうか?

 

もしあなたらしいお気に入りの香りがまだ見つかっていないのなら、

いろいろ試してみよう。まずは、自分はどんな香りが好きなのかを発見すること。

…あせらずに、時間をかけて探してみよう。…「これがわたしよ」と思える香りを、うっとりと身にまとえるように。

ージェニファー・L・スコット「フランス人は10着しか服を持たない」より

 

本の中では香水に焦点をあてて書かれていますが、

これはボディミストでも同じことだと思います。

 

ブランド物の高い香水にビビッとくる人もいれば、ほんの数百円の練り香水に

ぐっとくる人もいるはずです。

 

わたしは今のところロクシタンを「うっとりと身にまとって」いますが(笑)、

この世にまだ出会っていない香りを、じっくりと試していきたいですね。