しゅーかつ!Mami 夢 Memo

プレ就活生のメモ的奮闘記(その他オムニバス)

【実証】スマホ断ちでストレスは減る?一週間試してみます

こんにちは、mami(@mm_exchan)です。

 

皆さんは「デジタルデトックス」ってご存知でしょうか?

 

簡単に言えば、SNSやゲームアプリ、不毛なネットサーフィン…

果てはスマホそのものを使わない、というものです。

 

今回はこのデジタルデトックスのメリット、

そしてスマホ閲覧で時間を浪費している(であろう)私が、

これから一週間デジタルデトックスに挑む

計画とルール、目標等をご紹介します。

 

結果だけ知りたい方はこちら

 

デジタルデトックスの方法とメリット

デジタルデトックスにはいくつか方法がありますが、

共通して言える目的は

自覚していないスマホ依存をあぶり出し、無駄な時間を削減すること。

 

スマホを使うタイミングを意識することで、

「あ、また使っちゃった」という無意識のスマホいじりを

自覚することで、必要以上に利用することをセーブ出来ます。

 

デジタルデトックスのポイントは、

「自分が何にスマホを使っているか」を理解したうえで、

それに合った方法でスマホ断ちをしていくこと。

 

TwitterFacebookの過剰閲覧→SNS断ち

TwitterFacebookを利用する人は多いと思います。

しかし、「わけもなく食事の写真をあげるやつ」または

「意識高いアピール」がうざいと感じる利用者も少なくありません。

 

正直私はTwitterをやっていたころ、知らないうちに

何時間もタイムラインを見ていたり、

わけもなく友達のネガティブ発言にイラっとしていた時期がありました。

 

こういう場合、SNSの通知を切ったり、

アプリをスマホから消す(ウェブからしか見られないようにする)などの

SNS断ちが効果を発揮します。

ネット検索が楽しすぎて止まらない→ネット断食

これも多いかと思いますが、

ネットサーフィンが大好きな人、いますよね!

 

まとめサイトなんかめっちゃ楽しいです。

関連記事が次々出てきて、芋づる式にどんどん開いて…

 

正直SNSは更新されなくなったら飽きて見なくなるかもですが、

インターネットは無限に情報があるので、キリがありません。

 

こういう場合、「ネットにつなぐ回線を制限する」

「ブラウザアプリを非表示にする」といったネット断食が

いいでしょう。

そもそもスマホをわけもなく触っている→スマホ断ち

SNSのアプリを消し、ネット閲覧も制限した!

それでも、ついスマホを触る癖が抜けない…

 

これはスマホ依存の再発につながってしまうかもしれません。

「メール見てたらあのゲームの広告出てきた、ダウンロードしよう!」

というのは私が経験済みです。

 

どうしてもスマホを使わないといけない場合はありますし、

広告が目に入ってしまうのだって避けられません。

 

極端に言えば「スマホを使わない」ことが最善ですが、

スマホを使う回数を意識して減らす」だけでも効果はあります。

 

デジタルデトックスのメリット

これらの「アプリを消す」「回数を減らす」という行為は、

すべて「つながりを弱める」という結果につながります。

 

本来スマホは通信ツールであり、

メールで誰かと連絡を取ったり、

ネットで必要な情報や手続きができたり、

マップや天気アプリで必要な情報をすぐ調べられるのが目的です。

 

しかし、情報共有が目的のSNSで「要らない情報が入ってくる」事件や、

ネットで「知らなくていい口コミを見てしまった」事件は

後を絶ちません。

 

要は知りすぎ、つながりすぎで不要なストレスを感じることになるのです。

 

ほしい情報をネットでなく、

自分の目や本当に詳しい人の話で仕入れるのは時間がかかります。

しかし、時間をかけて確実に仕入れた情報は、

誰もが知りうる情報サイトのレビューよりずっと価値があります。

 

どんな形であれ、スマホがなかったころの生活に立ち戻ることで、

無駄にいらいらしていた時間、酷使していたからだと目に

向き合うことができるのです。

 

今回一週間のスマホ断ちに挑戦します

私自身、最近またサークルの連絡が頻繁に来たり、

就活情報(大半が登録したサイトのPRなので不要)が

以上に多く入ってきます。

 

よって今回、一週間スマホの使用を禁止してみたいと思います。

 

※パソコンは使うので、ブログ更新は欠かさずやります。

スマホのセットアップ

まずスマホから「気になる要素」を消します。

  • ブラウザアプリ
  • Twitter
  • LINE(パソコンからみられるのでアプリは消します)
  • 通知オフ
  • 機内モード
  • 電源オフ

LINEを消したのは大きかったです。

しかし、毎度ホーム画面で通知の数が表示されるのを見ると

ストレスだったので、せいせいしました。

 

スマホの代用品用意

スマホで賄っていたものを、従来のアナログ機器たちにお任せします。

  • ブラウザ、メール、LINE閲覧→パソコン(チェックは1日一回)
  • Twitter→アカウント消去
  • 目覚まし→電池を入れて復活
  • タイマー→腕時計で代用
  • 電車乗り換えチェック→事前に時刻表で

一応急な予定がない時期を選んで実践しているので、

電車乗り換えや目覚ましに関してはハプニングが起こらないと思います。

 

気軽にパソコンを持ち歩いているとはいえ、いちいち開いて使うのは

スマホ以上に手間がかかるので、これで閲覧回数は減るでしょう。

 

一週間後の目標

何かしら終わりのビジョンがほしいので、

ここで宣言しておきます。

 

「いるときだけスマホの電源入れて使う人になりたい」

 

かつてのガラケー時代はそうでした。

マメなチェックなんかせず、家に帰っても一度も開かず、

メールが届いて音がしたら見る。

 

そんなアナログでドライな関係をスマホと築いていきたいです。

 

結果はこちら↓

 

pmamisan.hatenablog.com

 

 

番外編~デジタルデトックス関連の書籍~

www.amazon.co.jp

 

現在読んでいる本です。

様々な角度からスマホ依存、節ネット(つまりデジタルデトックス)、

そして具体的な対策案を提示していらっしゃいます。

 

ぜひご参考までに。