Mami 夢 Memo

現役大学生のメモ的読書レビュー(その他オムニバス)

【おすすめ小説】クラシックのように美しい「旋律ミステリー」!

こんにちは、mami(@mm_exchan)です。

 

近頃ビジネス本や自己啓発本を読み続けていましたが、

久々に小説が恋しくなり、

気になっていた本を店頭で購入して読んでみました。

 

Amazon CAPTCHA

 

中山七里さんの『どこかでベートーヴェン

 

中山さんといえば、映画化もされた『さよならドビュッシーや、

「さよならドビュッシー」の画像検索結果

『おやすみラフマニノフなど、

ピアニスト探偵・岬洋介シリーズで有名ですよね!!

 

本作はこれまで数々の事件を解決してきた岬洋介の、

原点ともなる学生時代の物語です。

 

大まかなあらすじ

ニュースでかつての級友・岬洋介の名を聞いた鷹村亮は、当時起きた殺人事件のことを思い出す。
岐阜県立加茂北高校音楽科の面々は、九月に行われる発表会に向け、夏休みも校内での練習に励んでいた。
その時、豪雨によって土砂崩れが発生し、一同は校内に閉じ込められてしまう。
そんななか、クラスの問題児・岩倉が何者かに殺害される。
警察に疑いをかけられた岬は自らの嫌疑を晴らすため、素人探偵さながら、独自に調査を開始する。

Amazon CAPTCHA より

 

私も本の裏にあるこの分を読んだとき、

「え、容疑者になっちゃうの!?」と驚きました。

 

疑いをかけられつつ事件を解決しようと奔走する高校生という設定は、

どこか新鮮で「読んでみたい」という欲求を引き起こされます。

 

しかし読んでいくうちに、

この物語には「高校生・岬の華麗な謎解きミステリー」とは別に、

もう一つの大きなテーマが隠されていることに気がつきます。

 

本作のテーマは「才能」

このシリーズを読んだことがある方はご存知かもしれませんが、

岬洋介は天才的ともいえるピアノの才能を持っています。

 

岬の「才能」は、ピアニストとして活躍する彼には欠かせないものであり、

一見するとプラスの力に感じられます。

 

しかし、この作品で語られるのは、

才能が持つ破壊力、才能があるものとないものの歴然とした差、

 才能がもたらす負の威力、波乱…こうした裏の力なのです。

 

この作品の舞台である高校の音楽科でも、

転校生である岬は、ずば抜けた演奏をクラスメートの前で披露します。

単に観客の前で披露するのであれば、素晴らしい演奏に酔いしれ、

 

岬の演奏が絶賛されて終わったことでしょう。

 

しかし彼の演奏を聴いたのは、

音楽科にいながら音楽への情熱が中途半端、そしてその状況に甘んじる

「凡人」高校生たちでした。

彼の演奏を聴いたクラスメートたちは、

自分たちが凡人にすぎないことをいやというほど思い知らされるのです。

ごく一部の本気で音楽に打ち込むものですら、絶望感に打ちひしがれます。

 

そのあと、クラスメートたちが抱く感情はそれぞれです。

嫉妬する者、才能に恐れを抱く者、一周回って羨望する者…

 

このような思いを一心に受ける岬が、殺人事件の容疑者へと転落した瞬間、

彼らの感情が恐ろしい牙となって岬に襲い掛かります。

 

岬の「才能」をめぐる人物たちの激しい心情が主軸のミステリーに絡みつき、

読み応えのある展開を生み出していきます。

 

多彩な情景描写と、クラシック音楽のような展開

私は『さよならドビュッシー』も読んだことがありますが、

このシリーズは本当にシーンごとの描写がはっきりしてます。

 

人間の意地汚い部分も惜しみなく描き出しているので、

読んでいて苦しくなる場面が何か所かありますし、

謎が解けたとしても、どこかすっきりないのも特徴です。

 

それでも最後まで読みたい、見届けたいと感じてしまうのは、

ピアノ協奏曲のような、美しいストーリー展開が

読み手を最後まで運んで行ってくれるからでしょう。

 

静かに始まる序章、事件が起こり激しさを増す前半部、

岬の捜査と華麗な謎解きがテクニカルに展開されるクライマックス、

そして事件後の妙に穏やかな空気感…

まさに岬が奏でるクラシック音楽そのものです。

 

コンサートで演奏を聴いた後のような、

不思議な余韻を醸し出すところが、このシリーズの最大の魅力だと思います。

 

岬洋介の美しい旋律と、それを模ったかのような物語。

ぜひほかのシリーズと続けて読みたい作品です。