Mami 夢 Memo

気ままな書評、暮らしのこと(その他オムニバス)

【小中学生必見】読書感想文の書き方!コツは「○○を決める」

【目次】

こんにちは、mamiです。

 

皆様、夏休みを満喫されているでしょうか?

 

近頃イベント会場でバイトしているので、

家族連れのお客様をよく見かけます。

 

お父さんお母さんは夏休みが一番

エネルギー使う時期じゃないかなあと

しみじみ感じております。

 

さて、全国の小中学生の皆さんは

すでに夏休みが3分の1ほど終了し、

残っている宿題にうんざりしていることかと

思います。

 

そこで今回は、

そんなお悩みに少しでも貢献するべく

「書いても読んでも面白くなる読書感想文」

の書き方をご紹介したいと思います。

 

読書感想文は遊ぶつもりでやる

読書感想文を書くにあたって、

「何を書いたらいいかわからない」

「こんなにたくさん書けない」

「そもそも読書がめんどくさい」など、

問題はたくさんあります。

 

実際私も、

今でこそ読書レビューをしている身ですが、

小学生の頃は同じようなことを

言い換えて延々と字数を稼いでいました。

 

しかし、今でこそわかるのですが、

読書感想文というのは堅苦しくやるものではないのです。

作文の構成だとか模範解答みたいなものを

考え始めると、思考がストップしてしまいます。

 

宿題だと思わず、

感じたことをマイワールド全開で書いていいんです。

 

ふざけるわけではなく、本能で楽しんでください。

楽しんでやったほうがいいものができますし、

結果的に早く書き終わります。

 

読書感想文3つのルール

f:id:pmamisan:20170808225446p:plain

とはいえ、いきなり言われても難しいと思いますので、

私が読書レビューをするときに

意識している3つのルールを、

そのまま皆さんに伝授したいと思います。

 

① 本は表紙で、直観で選ぶ

読書感想文の出来を左右するのは、

最初にどの本を選ぶかというポイントです。

 

読書感想文がはかどらない原因は、

ほとんどの場合本のセレクトが悪いといえます。

 

面白い本ならおのずと夢中になって

最後まで読み切ってしまいますし、

内容もはっきり覚えているから、

感想文のネタがどんどん出てきます。

 

最もよくないのは「つまらない」本で

書こうとすることです。

 

読書の感想というのは、

「楽しい」「怖い」「悲しい」「ムカつく」など

感情を揺さぶられたからこそ書けるもので、

「ふーん…」とよくわからないまま

読み終わった本で

感想を書けと言われても、無理です。

 

したがって、自分が本能的に惹かれたものを

題材に選ぶといいでしょう。

 

コツは、

「本屋さんで本の表紙だけ見て選ぶ」こと。

 

本は中身だけではなく、見た目も大事です。 

 

例えば、

面白そうなゲームやかわいい洋服があったら、

「これ欲しい!」と思いますよね?

 

それを買ってもらって実際に使ってみたら、

たいてい思った通り気に入ることが多いです。

 

この「欲しい!もっと見たい!」という

感覚を、本屋さんでも見つけてほしいんです。

 

 

自分が好きになったものなら、

ライトノベルでも難しい小説でも構いません。

 

ジャンルは問わず、直観的にいいと思った表紙を選び、

あらすじを見たり軽く立ち読みして「これだ」と思ったら、

即買いです。

② 一気に読む

自分の気に入った本なら、

最後まで読み切るのは簡単です。

 

しかし、ここで一つ注意することがあります。

それは、

「中断せずなるべく一気に読む」

ということです。

 

毎日コツコツ読み進めると、

読むのをやめてほかのことをしている間に、

 

その直前までの

ワクワク感や感情の動きを

忘れてしまいます。

 

物語を最初から最後まで読んだうえで得られる、

「うれしかったけど最後は悲しかった」

「腹が立ったけどやっつけられてスッキリした」

といった感情の起伏を大切にするためにも、

家で一日じっくり、本と向き合う時間を作りましょう。

 

③ 感想を伝えたい相手を決める

 これはブログを書く際にも使うテクニックですが、

感想文を書く際には読み手、つまり

「自分の紹介した本を読んでほしい人」を

なるべくはっきりイメージしましょう。

 

例として、私が過去に書いた

読書レビューで説明します。 

pmamisan.hatenablog.com

 この記事で紹介したのは、

嵐の大野君が主演を務めた「忍びの国」の原作です。

 

私がこの記事を「伝えたかった相手」は、

「大野君のファンとして映画を見に行こうと思っている人」

でした。

 

 

つまり「映画だけじゃなくて原作も読んでほしい!」

訴えたくてこの記事を書いたのです。

 

好きな役者さんがいれば

映画を見たくなるのは当たり前なのですが、

一度映画をみてしまうと、

原作を読んでも映画のイメージが焼き付いて

思うように楽しめなくなるケースがあります。

 

なので、先に原作を読んでから、

映画を見て比べて楽しんでほしいです!と

相手に伝えたかったのです。

 

 

これはちょっと難しいテクニックですが、

例えば冒険ものなら

「同年代の男の子にハラハラしながら読んでほしい」

 

ミステリーものなら

「友達みんなでワイワイ読みたい」など、

 

どんな人に、どんなふうに読んでほしいのかを

最初にイメージします。

 

これを決めるだけで、

おのずとテーマや書くことが見えてくるはずです。

 

読書感想文は自由に書いていい

繰り返しになりますが、

読書感想文は自分の感想を書くものです。

 

あえて型にはまった構成は

自分が書いていてつらくなりますし、

かっこよく書こうと無理をした文章は、

かえって読み手にバレてしまいます。

 

面白くても悲しくても、それは感想ですから、

その気持ちを素直に書けばいいんです。

そう考えると、

憂鬱な宿題が一つ減ったような気がしませんか?

 

さあ、まずは本屋に出かけて、

心躍る一冊を選ぶことから始めましょう!

 

人を動かすには「対価」が必要である

【目次】

こんにちは、mamiです。

 

今日で試験が終わり、

夏休みに入る「はず」でした。

 

なんと台風の影響でテストが2つ中止になり、

レポート課題に変更になりました。

 

おかげでレポートが4つ残っております。

いくら単位のためとはいえ、

貴重な夏休みに食い込むとはこれ如何に。

 

行動した意味=「対価」が絶対に必要

 仕事中に伸びをする会社員のイラスト(男性)

さて、大学生の講義といい、

アルバイトや社会に出てからの仕事といい、

すべての行為には「対価」が必要です。

 

例えば、授業に出ている大学生が、

なぜマメに出席したり、その講義に出ているか。

 

主な理由は2つです。

  1. その講義が面白くて、学びたいから履修した。
  2. 出たくはないけど、単位が必要だから取った。

どっちがいい理由だとか、そういうことには触れません。

結局どちらにせよ、その授業を受ける価値を

見出していることには変わりありません。

 

お給料をもらう労働でも同じです。

  

アルバイトが楽しくて続けているのなら

それも立派な価値ですが、

 

好きでもないアルバイトをする学生は、

「この一時間で○○円発生している」

「あと一時間働けばあれが買える」と勘定することが

よくあります。

 

楽しみより苦痛が勝ってしまった場合、

お金というプラスの対価を考えることで、

「自分がしていることは得るものがあるんだ」

と正当化しようとしているのです。

 

どんな行動も「価値」があるからできる

「バイトから学ぶことがある」

「ブログを読んでもらえてうれしい」という

心を満たす対価から、

 

「単位がほしい」「稼ぎたい」「モテたい」という

物理的な(?)対価まで、

 

人間の行動にはすべて目的・対価があります。

 

極端に言えば、

食べるのは「空腹を満たすため」、

お風呂に入るのは「清潔になって気分をよくするため」。

生活の当たり前な行動にも、すべてプラスの価値が

あるからこそ続けられるのです。

 

また、趣味などはそうですが

「何かわからないけど好き」という

明確でない価値でも、

その人が価値だと感じれば行動に移します。

やることと「対価」のバランスが崩れると…

f:id:pmamisan:20170807205733p:plain

こうした行動に「対価」があるからこそ、

人間は頑張れるし、続けられるのです。

 

しかし、行動と対価のバランスが

崩れるケースがあります。

 

簡単な例だと、 

恋愛における温度差などが

当てはまるでしょう。

 

彼氏は彼女のために

プレゼントを買い、機嫌を取り、

毎日連絡して…と行動量が多いのに、

彼女からの愛情という対価が異常に少ない。

 

彼女は彼氏との楽しい時間という対価よりも、

重たい愛情というマイナスの要素が圧倒的に多い。

 

こうしたバランスのゆがみは、

双方に負担となります。

 

「自分はこんなに行動してるのに、結果が出ない」

この「行動>価値」というアンバランスな

状態が継続すると、

精神的に疲れてきたり、やめたくなったり

不信感を抱いたりするわけです。

 

最もよくないのは「対価」がわからないこと

停電のイラスト

対価が少ないことはもちろん問題ですが、

それ以上によくないのは「やってる意味が分からない」

ということです。

 

「1時間働けばこれだけお給料がもらえる」と

わかっているからこそ、

 

自分の労働にその分の責任を持つなり、

その価値以上の仕事をしないようにセーブするなり、

はたまたはじめから「見返りが少ない」と

断ることもできます。

 

しかし、何の対価があるかわからないのに

「とにかくこれをやれ」と

投げられても、人間はやる気が起きません。

 

「明日ちょっと会える?」というメールを

好きな人から受け取ればすぐにでも支度をはじめますが、

大して親しくもない異性から言われても

「何言ってんのめんどくさい」と

行く気ゼロの反応を示すはずです。

 

なぜなら、

「好きな人に会える」という対価は

メールを見た時点で示されていますが、

どうでもいい相手にわざわざ会いに行く意味は

これだけでは見出せないからです。

 

もしここで親しくないほうの異性が、

「明日美味しいケーキバイキングに行くんだ。

○○ケーキ大好きだから、一緒にどう?」と

ケーキで釣る対価を示せば、

「やったあ、楽しみ!行く行く!」と

行動し始める…かもしれませんね。

 

人に行動してほしいなら「対価」を示せ

 ブログやメディアで人に訴えかけたり、

仕事や頼みごとで人を動かしたいのならば、

その行動を通してどのようなことを学び、得て、

そして報酬として得られるのか。

これを先に示すべきです。

 

目的や価値を感じない行動を

あえて起こす時間などありません。

 

ロボットに電池を入れると動くように、

人にも動くための原動力が必要なのです。

 

対価は先に与えなくてもいいが、

とにかく提示してあげること。

 

これを忘れなければ、人はおのずと

自分の言葉を信じて行動してくれるはずです。

サークルKの焼き鳥よ、永遠に

【目次】

こんにちは、mamiです。

 

コンビニ界に由々しき事態が発生しました。

 

なんと、根強いサポーターを持つ

サークルKサンクスのジャンボ焼き鳥が

引退を表明したのです。

 

サークルKサンクスのジャンボ焼き鳥、消滅

サークルKサンクスといえば、

 

「サークルK ジャンボ焼き鳥」の画像検索結果

引用元

 

このジャンボ焼き鳥が名物です。

 

「コンビニってどこも同じじゃん」と

おっしゃる方もいますが、

そんなことは断じてございません。

 

お菓子やジュース、おにぎりにサンドイッチと、

メニューが変わり映えしないからこそ、

チキンや焼き鳥、ポテトなどのカウンターフーズが

コンビニのアイデンティティを決めています。

 

しかし、事件は起きました。

 

今日もワクワクしながら「焼き鳥食べよ~」と

カウンターに向かったところ…

f:id:pmamisan:20170728184001p:plain

なっないっっっっ!!!!!

焼き鳥がない!!!!!!!

 

それはもうショックでした。

サークルKのカウンターには、ファミチキにファミコロ、

唐揚げがどっさりあるのに、あの焼き鳥たちは…

もうどこにもなかったのです。

 

ファミマ帝国によるサークルK植民地化

私はジャンボ焼き鳥の大ファンです。

 

しかしながら、私のような根強いファンにとって

衝撃的な事件が起きたのは、2016年9月のことです。

 

あの「あなたとコンビに」ことファミリーマートが、

サークルKサンクスを統合し、ブランド転換を開始したのです!

 

あの日を境に、

サークルKサンクスは変わっていきました。

 

なぜか大量に置かれるファミチキ

スイーツも菓子パンもファミマ仕様へ…

 

きちんとチキンなファミチキに押され、

ジャンボ焼き鳥の面積は減り、

どこか窮屈そうに感じたのを覚えています。

 

従来の環境を大きく変え、

自分たちの生産品をどんどん送り込んでいく…

 

もはや侵略といっても

過言ではないスピードと浸透力でした。

 

そして極めつけがこれです。

 

f:id:pmamisan:20170728185512p:plain

引用元

 

「ファミマでも焼き鳥を売るのか…」と

思ったところで、ふと不安がよぎった方も少なくないでしょう。

 

ファミマで焼き鳥を売るということは、

サークルKサンクスの焼き鳥はどうなるのか!?

 

この予感は見事に的中したわけです。

 

ジャンボ焼き鳥を復活させるべき3つの理由

迅速にジャンボ焼き鳥を再発売するべきです。

その理由は大きく3つあります。

 

サークルKサンクスきっての目玉商品だから

ファミマには、王道のファミチキをはじめ、

ワンコインでおつりが返ってくる学生の味方ファミコロ、

専門店と共同開発した本格的なファミからまで、

ありとあらゆる名物商品があります。

 

一方のサークルKサンクスにも、

ジューシーなメンチカツやホクホクのコロッケは

存在していました。

 

しかし、カウンターの一番上で

燦然と輝くジャンボ焼き鳥は一番の売れっ子です。

 

いまだにサークルKサンクスの看板で

運営されている店舗がある以上、

従来の商品として残していくべきだと思います。

 

バリエーションが少ないファミマの焼き鳥

現在ファミリーマートで販売されているのは、

「かわ」と「もも」、それぞれタレと塩で

計4種類です。

 

しかし、かつてのサークルKサンクス

上の2種類に加え「ハラミ」と「ぼんじり」、

そして「ねぎま」と豊富なラインナップでした。

 

本格的な焼鳥屋のごとく

種類を取りそろえた焼き鳥特化型のサークルKサンクスと、

とりあえず人気どころを抑えたファミマでは、

圧倒的な差があるのは一目瞭然です。

 

「冷めたお惣菜」感は払拭できない

ファミマを利用したことがある方は、

「ホットフード」と「チンするお惣菜」の

2種類がカウンターに並んでいることを

ご存知でしょう。

 

残念なことに、ファミマの焼き鳥は

「チンする冷たいお惣菜」コーナーに所属しています。

 

かつてサークルKサンクスでは、

アツアツのホットフードコーナーに

焼き鳥が置かれていました。

 

真夏にはキンキンに冷えたソーダと扇風機、

このホカホカ焼き鳥で一杯。

 

真冬のバイト終わりには、

自分へのご褒美に缶コーヒーと焼き鳥で

ブレイクタイム。

 

365日、ジャンボ焼き鳥はどんな場面でも

私たちを支えてくれました。

 

ファミマだって、冷たい焼き鳥を

電子レンジで温めてくれます。

 

しかし、ジャンボ焼き鳥の最大の強みである

炭火で焼いたような香りは全く感じられないのです。

 

この焼き立て感をキープできてこそのジャンボ焼き鳥です。

それが今のファミマ焼き鳥には受け継がれていないのです。

 

カウンターフードのレジェンド、帰還せよ

日本全国のジャンボ焼き鳥サポーターが、

あの香ばしくてパリパリの皮、

ふわふわで肉厚のチキン、

そして香り高いタレとコショウのきいた塩だれを

心待ちにしているはずです。

 

失われた時間は戻りません。

でも、失われたジャンボ焼き鳥を復活させることは

できるはずです。

 

どうか今年の夏も、

三ツ矢サイダーとあの焼き鳥で至福の時間を

過ごしたいものです。

「優先席」は「進んで座る席」である

【目次】

こんにちは、mami(@mm_exchan)です。

 

最近はテスト勉強のために、

毎朝早く学校に行くようになりました。

 

関連画像

 

朝って電車がすごく混みますよね…

女性専用車両なんかはもう乗れる気がしないので、

普通の車両に乗っていますが。

 

優先席は何を「優先」するの?

電車がどんなに混んでいても、

「優先席」は誰も座ろうとしない。

 

そんな状況が朝のラッシュ時でも見られます。

 

確かに「優先」席なのだから、

体の不自由な方や妊婦さん、お年寄りに

進んで譲る席として存在しているのは、

誰でも知っていることです。

 

しかし、だからと言って

優先して座るべき方(もしくは進んで座ろうとする方)

がいない状況において、

3人座れる座席をわざわざ空けて余計に混雑する

必要性はないと思います。

 

「優先席は譲らなきゃいけないから座らない」という理屈

f:id:pmamisan:20170721210723p:plain

ちょうど私が高校2年生の時、

模試の帰りに友達数人と電車に乗っていました。

 

私たちは車両の端っこに立っていたので、

乗り換え駅に着いた時、優先席が一気に空きました。

 

この先混みそうだし、一人でも座ってスペースを空けたほうがいい。

そう思ってすんなり優先席に座った私を見て、

友達が驚いた表情で「止めなよ」といいました。

 

「優先席なんて座ってたらどうせ譲らなきゃいけないじゃん。

そんなの面倒でしょ」

 

この言葉に私は心底驚きました。

その口ぶりからは、

「優先席は譲らなきゃいけない」

⇔「優先席じゃなければ譲らなくていい」

という裏の意味合いが感じられたのです。

 

優先席は確かに、席を譲ることを

推奨している席です。

 

しかし、電車に乗っていて席を誰かに譲る必要があるのは、

どの席に座っていようと同じことです。

 

お年寄りは優先席にしか座れないわけではないし、

特に座る人がいなければ誰が座ってもいい。

 

譲り合いの精神に、

優先席も一般の席も差はないはずです。

 

「優先席」はいらない?

いちいち「優先席だから若者は座るな」とか、

「優先席は譲らなきゃいけないから面倒くさい」とか、

優先席をめぐって議論するぐらいなら、

いっそ優先席など撤廃したほうがいいのではと

感じることもあります。

 

むしろ優先席を廃して、電車のどの場所にいても

当たり前に席を譲りあう習慣をつけるほうが

よっぽど問題は解決します。

 

それでも「優先席」が必要なワケ

「席 譲 イラスト」の画像検索結果

しかし、それでも…

いや、こうした理由があるからこそ、

まだ優先席は必要だと私は思います。

 

なぜなら、優先席は最も

電車での譲り合いの意識をもたらしてくれる

存在だからです。

 

いきなり優先席をなくしてしまえば、

「座席は譲り合って…」というアナウンスをできるのは、

電車の車掌さんか車内ポスターぐらいです。

 

席を優先して譲る模範的な場所となりえる

優先席があるおかげで、一般的な座席でも

誰かに譲ろうとする意識が自然と芽生えます。

 

「優先席」は誰のためにあるのか

関連画像

 

私たちがこれからすべきことは、

優先席をわざと空けておくことでもなければ、

優先席に座る人をとがめることでも、忌み嫌うことでも

ありません。

 

進んで優先席に座ることです。

 

そして、誰かが来たら立ち上がって、

「どうぞ」と笑顔で譲ってあげればいいんです。

 

優先席はだれのためにあるのか?

特定の誰かしか座っちゃいけないと、

そんなルールはありませんよね?

 

優先席は本来ほかの席と同様、

皆のための席なのですから。

【Androidの救世主】Googleバックアップが大事だとわかった日

[こんにちは、mamiです。

 先日、私のAndroidのデータが消滅しました。

 

今回はあまりにも間抜けな私の失敗談と、

それを見事に救い出してくれたGoogle先輩を称える物語です。

 

 悲劇の始まり

さかのぼること一週間前、私はスマホ断ちを試していました。

pmamisan.hatenablog.com

 

不要なグループトークの通知から解放され、

とても快適だったので、スマホを半分放置していたのですが…

 

この管理の甘さが悲劇を招くことになります。

 

たった一回のミスで失われるデータ

私はもともとスマホにロックをかけておらず、

「手元から離さなければいいよね!」とセキュリティに

鈍感になっていました。

 

しかし、不意にAndroidの設定をいじっていたところ、

「パターンロックってかっこいい!」とか考えてしまったのです。

「パターンロック」の画像検索結果

引用元

 

早速設定して、ロック解除を試します。

 

が、開かない。

「あれ?間違えたかな」とリトライするも、

開かない。

 

その後一時間試したものの一向に開かない。

それどころか「あと10回間違えたらデータ消えます」と

脅される始末。

 

こうして、私はスマホのロックを開けないまま

本当のスマホ断ちを余儀なくされたのでした。

 

ロック解除のあまりに大きな対価

翌日ショップへもっていき、店員さんに事情を話しました。

 

当初私は、「ロックだけサクッと解除して帰ろう」と

踏んでいたのですが…

 

店員さんからの宣告はあまりに残酷でした。

「解除するには初期化して設定を消すか、

自力で思い出していただくしかありません。」

 

スマホのアルバムには、試験内容を撮った大事な写真や、

東京旅行のお宝画像が詰まっています。

 

ロックを解除できない→見られない

ロックを解除する→消えるので見られない

 

どのみち写真は失われるのです。

私は絶望しました。

 

失意を救う救世主、現る

結局初期化してもらい、

私はむなしい気持ちでスマホの設定をし直していました。

 

せっかく入れたアプリも、また一から入れ直しです。

初めから入っている不要なアプリをまず消そうと思い、

Google系のアプリを一つずつ非表示にしていきます。

 

その時、不意に思い出しました。

 

「確かGoogleのアプリが、勝手に自動で

アルバムの写真を保存していなかったか?」と。

 

そこで、Googleフォトを立ち上げ、アカウントを同期して

確認してみたところ…

 

f:id:pmamisan:20170718210952p:plain

バックアップされてる!?

 

幸い成人式と東京旅行の大事な写真は

すべてGoogleフォトでバックアップされており、

無事だったのでした。

 

Android勢の皆さまに伝えたいこと

今回の体験談を通してお伝えしたいのは

  1. ロックをかけたときは絶対番号やパターンを忘れないこと
  2. 水没や故障などあらゆるトラブルに備えてバックアップを設定すること

この二つです。

 

私はGoogleで自動的にバックアップする設定になっていたので

幸いにも助かりましたが、

やはりこれからパソコンやドライブに本当に大事なデータは

移しておこうと思います。

 

メールやSNSなど、アカウントがあれば復活できるものと違って、

アルバムやアドレス帳は一度消えたらパーになることもあります。

 

マメなバックアップ、保存設定をぜひ

この機会に見直すことを心からお勧めします。

「大エルミタージュ美術館展」~女帝も愛した名画を100倍楽しむ~

こんにちは、mami(@mm_exchan)です。

 

今月1日から、愛知県で素晴らしい展覧会が

行われています。

「大エルミタージュ展」の画像検索結果

「大エルミタージュ美術館展」。

場所は栄にある愛知県美術館です。

 

この大エルミタージュの作品展は、

東京の六本木、愛知の栄、そして神戸と場所を移動しながら

開催されるそうです。

 

私もちょうど昨日、

栄に行って一通り楽しんできました。

 

今回はこの展覧会の

作品展の詳細なコンセプトや見どころ、

同時開催の常設展についてまで、

ただ見に行くよりも100倍楽しめるポイント

余すことなくご紹介したいと思います。

 

【目次】

 エルミタージュ美術館とは?

エルミタージュ美術館は、

ロシアのサンクトペテルブルクにある美術館。

f:id:pmamisan:20170715170019p:plain

引用元

 外観からわかるとおり、とても大規模な美術館です。

 

さらに驚きなのは、内装です。

「エルミタージュ美術館」の画像検索結果

引用元

豪華絢爛!もはやお城です。

シンデレラが今にも駆け下りてきそうな

「大使の階段」は、一度は訪れてみたいスポットです。

 

王宮のような装飾になっているのはなぜなのか?

それは、この美術館の展示品が

もともとロシア帝国の王様のコレクションだったからなのです。

 

女帝のコレクションがずらり

エルミタージュ美術館の所蔵品は、

かつてロシアの大帝と呼ばれた女帝、

エカチェリーナ2世という人物のコレクションでした。

 

女帝はヨーロッパ、特にフランスの文化に

強いあこがれを抱いていたようで、

欧州各国の絵画を買い集めていたそうです。

 

そして、それを知人たちにご披露したのが、

エルミタージュ美術館のルーツといわれています。

 

そんな彼女が収集した作品は、

著名な西洋画家、「オールドマスター」

貴重な一品ばかり。

 

レンブラント

歴史の教科書で「夜警」という作品を

目にしたことはありませんか?

 

レンブラントはオランダのバロック期を

生きた画家。

明暗の描き分けがはっきりしているのが特徴です。

 

ルーベンス

ルーベンスは、フランドル地方を代表する

これまたバロック期の画家。

 

ルーベンスの絵画を一躍有名にしたのは、

カルピス劇場フランダースの犬ではないでしょうか?

「フランダースの犬 ルーベンス」の画像検索結果

引用元

 

フランダースの犬の最終話、

吹雪の中教会を訪れたネロが覆いを取っ払って

「どうしても見たかった絵」…これこそが

ルーベンスの大作、「キリストの降架」なのです。

もちろんこの絵は現在も教会に飾られています。

ベルギーのアントワープ聖堂です。

 

ルーベンスの肉肉しい人物描写は、

見ていてインパクトがあります。

展覧会にあるのは「キリストの降架」ではありませんが、

十分な見ごたえを得られることでしょう。

 

 宗教画を楽しむポイント

今回の展覧会、特に前半部は、

聖母マリアや預言者モーセ、キリストにヨハネなど、

宗教画の数が多いです。

 

こうした宗教画が続くと、

「なんか皆同じ人ばっか描いてる…」と

マンネリ化を感じてしまう方もいると思います。

 

(もちろん今回の作品はどれもしっかりとした

作風があるので見飽きることはありませんが…)

こうした宗教画には、いくつか楽しむコツがあります。

 

宗教的なモチーフ、シンボルを探す

宗教画には、一見すると変哲のないものが、

実は聖書に基づくあるものを暗示していた、

というケースがあります。

 

例えば、こちらの絵画。

「大エルミタージュ展」の画像検索結果

引用元

 

東京で大エルミタージュ展が開催されたときのポスターです。

もちろんこの絵画も愛知県美術館に展示されています。

 

この絵画で、幼子イエスが手に持っている

(もしくは上にたくさん生っている)のが

リンゴです。

 

キリスト教において、リンゴは原罪を表します。

アダムとイブがリンゴの実を食べたせいで

楽園を追放された話がルーツです。

 

※アダムがリンゴをのどに詰まらせたため、

「のどぼとけ=Adam's Apple」になりました。

面白いですよね。

 

この他にも、鳩は精霊、パンとワインはキリストの体と血、
羊は犠牲を意味しています。

 

こうした隠れモチーフを探してみると、

グッと絵画との距離が縮まるかもしれません。

 

キリスト教の逸話をかじっておく

これは私も最近学んだ話なのですが、

キリストが馬小屋で生まれたとき、

真っ先に礼拝に来たのは洗礼者などではなく、

羊飼いたちだったというエピソードがあります。

 

エルミタージュには、

羊飼いたちがキリストの誕生を目の当たりにする

絵画が飾られていました。

 

これは宗教画に限ったことではなく、

歴史的背景や神話などを少し勉強してから行くと、

絵画の理解度がグンと上がって感動します。

 

絵画だけじゃない!音声解説をぜひ利用して

美術館ではおなじみの音声解説。

 

絵画の横に書かれている説明文よりも、

詳しく、そして面白い話が聞けるのでお勧めです。

 

そして近年の音声解説では、

ナレーターに著名なタレントさんを起用するように

なってきました。

 

「大エルミタージュ展 音声解説」の画像検索結果

引用元

 なんと今回は、芸人でありながら大ヒット小説「火花」を

生み出した又吉直樹さん。

 

絵画に対する評論を淡々と述べつつも、

自身が愛するロシア文学と絡ませたり、

「台本通り」感のないその場で感じた評価を

面白おかしくつぶやいていたりと、思わず聞き入ってしまう

魅力的な音声解説です。

 

ぜひ利用してみてください!

 

~番外編~常設展も見逃せない

さて、エルミタージュでも十分お腹いっぱいに

なるのですが、

一緒に入れる常設展にも

ぜひ足を運んでください。

 

www.asahi.com

常設展は意外と足を運ぶ人が少ないのですが、

今回のこのバルテュス作品は大きな目玉になるそうなので、

ぜひこの機会に一度鑑賞してみてください。

 

私も見てきましたが、

少しミステリアスでひんやりとした、

でも引き込まれるような魅力がありました。

 

女帝に招かれし客人になろう

エルミタージュ美術館は、

オールドマスターの重厚な作品が連なっており、

愛知県にいながら

エカチェリーナ2世の自室に招かれたような

ゴージャスな気分に浸ることができました。

 

かつて女帝も、

誇らしげな顔でこの名画たちをみせていたに

違いありません。

 

さあ、皆さんも美術館…いや、

ロシアの女帝のコレクションルームへ、

足を運んでみませんか?

【スキルゼロでOK】マーケティング入門に誰でもおすすめの一冊

こんにちは、mami(@mm_exchan)です。

 

今回の本は、文系で社会スキルゼロの私が、

フィーリングだけで選んだ

マーケティングの本をご紹介します。

 

f:id:pmamisan:20170713205034p:plain

Amazon CAPTCHA

 

「14歳からのマーケティング」です。

 

14歳?馬鹿にしてるのか!と思った方、

そんなことはありません。

 

この「14歳から」読める本には、

入門書にふさわしいポイントがたくさん詰まっているんです。

 

トーリー仕立ての読みやすさ

この本は、二人の中学生が近所の大学院生に

マーケティングって何なのか」を教わる

トーリー形式で進んでいきます。

 

登場人物たちの対話シーンが多用されるので、

説明も堅苦しくなく、すっと頭に入ってきます。

 

14歳からわかる、身近で面白い戦略例

マーケティングには、

調査→セグメンテーション→ターゲティング…と

一連の流れがあります。

 

こうした複雑なマーケティングの流れを説明するにあたり、

この本では様々な具体例を出してくれます。

 

「近所のパン屋さん」「学習塾」「コンビニ」などなど。

身近でイメージしやすい企業を解説してくれるため、

本で学んだことを反映しやすい。

例えば、コンビニに行ったとき、

「このお店でもあの戦略を使っているのか」と

自然に考えるようになるかもしれません。

 

記憶に残りやすい学び

この本のストーリーは、

「7日間に分けて毎日少しづつ講義する」というもの。

 

なので、前の章で習ったことを復習したり、

覚えやすいように語呂合わせにしたりと、

マーケティングをしっかり定着させてくれる効果があります。

 

大人も子供も分け隔てなく楽しめる

この本はわかりやすく親しみやすい内容なので、

夏の読書感想文に悩む中学生から、

マーケティングについて学びたい大学生や社会人まで、

幅広い年代の人に向けてお勧めできる一冊です。

 

実際マーケティングの知識ゼロだった私も、

小難しいことを考えず読み切ることができました。

 

これを契機に、もっとレベルの高い本にも手を出す勇気が出せそうです。

 

マーケティングって難しそう…」と思っている方も、

ぜひ一度手に取って、その面白い世界に触れてみてください。